Web業界における職場の管理職はディレクターによって担われるのが一般的であり、デザイナーやプログラマーを中心としたWeb制作を担うスタッフを統括してマネジメントすることが仕事となっています。多くの専門家が仕事に関わることが多いため、それらをうまく統合して目的としているデザインや機能をもったWebサイトを構築することが重要になります。専門家間のコミュニケーションを円滑にしたり、クライアントとの連絡をとって適宜必要なことを現場に伝えて指示を与えていく役割を担う人材として必要不可欠です。

また、現場にはしばしばWeb制作が未経験の専門家が関わることもあるため、ディレクターにはプロジェクトに関わる専門家の仕事を多かれ少なかれ経験していて指導にあたれることも要求される場合が多く、特にWebエンジニアとしての経験は必要とされる傾向が強くあります。phpやjavaを担うプログラマとして未経験の人材を雇わなければならないほど人材不足が続いているからであり、場合によってはディレクターがその実務の一部を引き受けなければ仕事が滞ってしまう現場もあります。こういった状況はデザイナーやライター等にも同様な状況が生まれることもあるため、ディレクターには現場の管理能力だけでなく、実際に各々の専門家が担う仕事に携われる程度の実務能力も求められています。そういった敏腕な人材でなければ、Web業界での現場の管理職は務まらないのです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>